レクサス SC430
本革シート(赤)
擦れ修理

レクサス SC430 本革シート 修理

「レクサス SC430」本革シート 擦れ修理のご紹介です。

 

本革シートの修理はどこに頼めばいいのか分からない、直すという発想がない方も多いのですが、当店は様々な色や形状のシート修理に対応しております。

 

写真のように、乗り降りする際に擦れて表面が剥がれているというご相談も多く、自動販売店様や一般のお客様からの修理依頼を承っております。

 

新品の数分の一の価格で修理できますので、是非一度修理という方法をご検討してみて下さい。


中古に買い換えるより安く、綺麗になることが多いと思われます。

 

シート修理については出張での修理が可能です。

 

シート修理のご用命は

トータルリペアKawasakiへ

シート「擦れ修理」の流れ

英会話

レクサス SC430 本革シート 修理 施工前

今回は中古自動販売店様からの依頼です。

 

オークションで仕入れた両のシートに、色味が違う塗料を塗ってあるので塗り直してほしいとのこと。

 

実際に見てみると、赤よりピンクに近い色で筆塗りしてあるようです。

 

このまま上から塗ると筆の跡が浮き出てきたり、何よりせっかく塗り直した塗料が剥がれる可能性があるので、ピンクの塗料を全て除去して他部分もクリーニングします。

英会話

レクサス SC430 本革シート 修理 施工中

こちらがクリーニングまで終わった状態です。

 

どうやら、擦れた状態を隠すために塗ってあったようです。

 

幸い、浅めの擦れ具合だったので、あとは表面を整えて革専用塗料で塗り直します。

 

塗り替える部分は「背もたれの外側」「座面の外側」「座面の前側」です。

レクサス SC430 本革シート 修理 施工中

赤は隠ぺい性が悪く、下の色の影響を受けやすい色です。

 

そのため、黒の上に塗ると「どす黒く」白の上に塗ると「ピンク」になります。

 

この為、どんなに赤を塗り重ねても実際に塗っている塗料の色にはならないため、丁度いいグレーを下色に塗る必要があります。

 

今回は下塗りと上塗りの2度の調色作業を行いました。

 

使用する塗料は耐摩耗性と柔軟性がある特殊な塗料なので、引っ張りや折り曲げにも強く耐久性があります。

 

修理に使用する塗料を含む材料はトータルリペア世界本部で自社開発/生産をしており、MSDS(化学 物質安全データシート)がついています。

 

また、世界が認める品質保証 ISO9001も取得しておりますのでご安心ください。

レクサス SC430 本革シート 修理 施工後

調色した下塗りグレーの上に調色した赤を塗って、革の質感に近いように表面の手触りを調整したら作業完了です。

 

ライトで照らしていることもあり、若干明るく見えますが、実際見たら気にならないレベルだと思います。

 

シートは「擦れ」「破れ」「亀裂」など様々な症状が起きますが、修理できるのかどうか見積だけでも結構ですので、お気軽にご連絡ください。

 

予約していただければ、最短当日での納品も可能です。

 

なお、塗料が完全に安定するのに数日かかる場合がありますが、引き渡し時点で座っていただいてもおおむね大丈夫です。

 

お客様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

 

シート修理のご用命は

トータルリペアKawasakiへ

ACCESS

嬉野のトータルリペア Kawasakiは出張で施工対応

佐賀県嬉野市にあるトータルリペア Kawasakiは、アルミホイールハンドルシートのリペアからボディコーティングを取り扱っております。 当店は主に出張施工で、佐賀県西部エリアのお客様に対応させていただいております。 出張施工などで居ない事が多いので、来店される際は必ず事前にご連絡をお願いします。
トータルリペア Kawasaki写真
店舗名 トータルリペア Kawasaki
住所 佐賀県嬉野市塩田町久間丙4084
電話番号 090-7445-5988
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
お気軽にお電話ください
090-7445-5988 090-7445-5988
9:00~18:00
佐賀県嬉野市塩田町久間丙4084

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。